ごろたで伏流ぎみ

2013/14  6月4日 W沢、昨年午後のひとときの

どなたかがすでに会津へ行ったと言う、それでかどうだか南会へ行
きたくなったのだが途中で挫折した。

Dさんが爆釣法則と言う沢へ入る事として、昨年のW沢へ同じ方向
から入渓いたすのだった。
そう昨年には2時間でツぬ達成したのでした。

 
最初に漢字で26cm
..
昨年は午後になっていたので10分ほど歩いての入渓、今回は
20分ほど歩いてみましょう。
枯沢を降りると2段堰堤の上に出た、堰堤下へはやっかいなの
でそのまま釣り上がる。

っといきなりガシ!と当たった、丁度枠いっぱいの26cm。
ずっしりした漢字サイズである。
...
 
次は24cm                   水面フジの花びらの下から
.
しかし続かない、1時間ほどもして二匹目は溜まった花びらの
きわから引き出した2cmダウン。
3匹目も小さくなって、それからはどうした2時間も空振りだぞ。

やっと来たのは13cm、どんどん小さくなって。
5匹目は戻ったかんじの20cm。

 
段々小さくなるのですかァ

おなじ渓流でも、Dさんの法則川とてんから爺さんの場所では
別な渓流と考えるのべきかもね。

流れがめっきり細くなってしまう、ん!腹へリコだぞ南会へ向
かう予定だったので弁当無しだ。
車へ食いかけのサンドイッチを食べに行くのだ。

そして流れを眺めていると魚が見えた、小さいけれど二匹追
加してしまう。
.
 
  そうとも限らず                       細くなった
.
前回のレポで
ルアーマンのブログの素晴らしい渓と岩魚の谷が、こちらの
くずれ沢だと告白した積りだった。
けどどなたさんんも無関心で、それで実名を明かす機会が決
心が、崩れて「くずれ沢」となってしまいました。

それも良かったでしょう。
其の日に尺岩魚三本の桃源郷だもの。
.
 
追加の二匹はワナさいず
..
車に戻って一休み・・・出発の時の初心に戻ってこれから
南会へ向かうってのはどうだろう。
雨がないから減水が心配なのだけど・・・。

                        次の日記

                 13年度メニュー